2018年3月16日 (金)

シェイプ・オブ・ウォーターを観たのだ。

新宿にてシェイプ・オブ・ウォーターを鑑賞。
ギレルモ・デル・トロ監督のファンタジー作品。

アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

↑ネット上のあらすじから拝借。

航空宇宙研究センターの局長マッチョな最低野郎ストリックランドの悪役ぶりが凄くてホントに頭に来た。そしてストリックランドの家庭が典型的な古き良きアメリカで外から見えるものと内面の差異がメキシコ人のギレルモ・デル・トロ監督の皮肉かしらとも思ったのだ。イライザの親友のゲイのジャイルズがお気に入りのキーライムパイ屋さん(着色料が凄くてテイクアウトするものの冷蔵庫にどんどんたまってた)が黒人の夫婦に露骨に人種差別をする場面もしかり。
ストリックランドが子供に「未来は安泰だ。それはアメリカだからだ」みたな事を言う場面があるが他者(弱者)を踏み台にして出来上がってる偽善を感じたのだ。

ラストの怒りが頂点に達したクリーチャー(半魚人)はカッコよすぎなのだ。

そして海底に詩が流れる。

あなたの姿が見えなくても
あなたの気配を感じる
あなたの愛を感じる。

しばらく涙が止まらなくなり動けなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 6日 (火)

母の死

入院してた母が死んだ。
お葬式は死んだ母と喪主の僕を置き去りにしたまま滞りなく終わった。
母の顔を初めて拭いた。
母の遺品の中から日記が出てきた。
「頑張る、笑顔」と日記のはじめのページに書いてあった。
葬儀場の外に出た。
雪がちらついていた。
どうか眠りにつくまえの母の目に何の疑いもなく無邪気にはしゃぎまわる
小さいころの僕と弟妹が写っていた事を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

タイは最高なのだ!!その2

2月6日・パヤカにてデリシャスウィートスライブ。
ボブ、マーリーの生誕祭のイベントに少々無理を言って出演させてもらったみたい。演奏抜きでだったら出てもいいとゆう条件付きで出演。 大いに盛り上がる。
一見ボブ、マーリーとはまったくかけ離れて見えるがボブ、マーリーと同じようにバビロンシステム(資本主義社会の搾取システム)と激しく戦っております。
ボブマーリーはシリアスなレゲエかたやデリシャスウィートスは脳天クルクルパーあちゃらか祭りとゆうスタイルの違いはありますが。
とてもいいライブだったと思います。

2月7日ナナイロにてライブ・2月8日千人火鍋にてライブ。
ナナイロは日本人の方が経営してらっしゃるライブもできるカフェ。5日ぶりに日本食(おでん)を食べた。変にホッとする。
元気な子供たちが走り回ってる。こりゃまたイイ感じ。
「ねぇねぇおじいちゃん」と言われたのだけどおじさんではなくおじいさん・・・「おにいちゃんでしょ」と一応言っとく。
宿でお世話になってるマックさんが観に来てくれる。...

このお店の斜め前にある市場のフルーツボールは極ウマ。
ライブ滞りなく終了。
二階建ての床が抜けてて足をぶらぶらさせながらお酒を飲む足ブラBARで打ち上げ。
翌日千人火鍋にてライブ。千人ほど入るレストラン。
混沌としてる中こそデリシャのライブは面白い。
たまの石川さんが観に来てくれた。うれしい。
昨夜に続いて足ブラBARで打ち上げ。
大谷さんから学生運動の話やいろいろ聞けて楽しかった。

2月9日・何度も通ったワロロット市場そしてその近くにあるモン族のショッピングストリートへ行く。
石鹸を売ってるおばちゃんが妙に優しくてキュンとなる。
PM10時よりクラブ69にてライブ。
ライブハウス的セクシークラブ。みたいな感じ?。バドガール(バドワイザー)ならぬチヤーンガール(チヤーンビール)は派遣されてるみたい。普通の立ち飲み屋さんにもいた。この娘たちがセクシー度をあげております。ライブハウス的だったのでリハが必要だったかなとも思ったりした。
それでもお客さんの「?なんじゃこりゃ?」な感じはしてやったり。かな。...
タイはAM0時で酒が買えなくなる。
その日の帰宅が0時30分だったのでビール買えずショック。
2月10日・楽器を返してまたもやワロロット市場へ行った。
PM2時・デリシャのメンバーと大谷さんとSPチキンで打ち上げ。デリシャの末端のわたしめが言うのもなんですがホントに大谷さんありがとうございました。
凄く楽しかったです。

タイ遠征終了。27545261_875251615987717_3966527782


27544849_876482675864611_5893834263





27972376_876482672531278_7977346641

27545276_877177115795167_4475782802


27658916_1477270669066773_181327028


27657944_1227881680677237_867681045


27983024_1644006679025877_714196371


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

2018・タイは最高なのだの巻その1

デリシャスウィートスがタイランド・チェンマイでライブをやるのでわたくしもタイへ。
折角なのでプーケットへ寄ってから行くことにしたのでした。プーケット・カロンビーチ最高でした。
2月5日・プーケットからチェンマイへ。
カロンから空港まで送ってくれたおじさんが日本の文化は最高って速射砲のような英語で話してくれたのだけどまったく話し返せず申し訳なくなる。
13時・チェンマイ着。
Exchangeするためまずはチェンマイを散歩。
チェンマイ大好き。...
19時・デリシャスウィートスのタイのライブをすべてブッキングしてくれた大谷さんの計らいで(たま)の石川さんと食事会。楽しかったしいっぱい食べた。
6日からライブ。

Cimg1976Cimg1958


Cimg1982Cimg2046


Cimg2005

Cimg2171


Cimg2179


Cimg1987









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

2017.11.16・帰省

母が吐血し倒れたと母が入居している施設の職員さんから電話があった。
84歳になるので意識ははっきりしているとのことだったが急いで帰省した。
何か月か前に会った時はとても元気で好きな果物をムシャムシャ食べてたのに
別人のように衰弱していた。
いつも私の顔を見ると世間さまに笑われるから髪を切れって高校生ぐらいから今まで30年ぐらい絶対言ってたのに言わなかった。
倒れて病院に入院してるとゆう認識ができてないみたいで
車いすを持ってきて乗せてくれという。
部屋に行きたいのだと。
ご飯代と称していつもおこづかいをわたしにくれるのだけどその時の表情がうれしそうで満足そうだったのでいつも甘えてた。なのできっと部屋に帰り財布を取りたいって思ったのだろう。
苦しそうにベットに横たわる姿から車いすに乗るのは無理ではないかと思ったのだが看護師さんに車いすに乗せたいのですがと確認。
やはりやめてくださいとの返答。
母はそれではベットのまま病室から出してくれと要望してきた。
どうしても部屋に帰りたいのだと懇願。
なんともやるせなく涙が出た。
母にかける言葉がみつからず買い物してくるからと病室を出た。
病室に帰ると痛み止めの薬のせいか眠っていた。
帰る時間が迫ってきたので何度か体をゆすって起こそうとしたのだけど薄く目を開けてこちらを見てご苦労さまと言ったきりだった。

わたしは病院に対して母への化学治療を拒否している。
なのに母に絶対に良くなるから頑張ってって言えなかった。

おかあさん絶対良くなるからがんばって。

そして長髪はみっともないから髪きれって言ってくれ。

僕は「わかったよー」って言うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月28日 (木)

この世界の片隅にを観たのだ。

「この世界の片隅に」を観たのだ。

わたしの母親は戦争を経験している。
淡々と生き80歳を過ぎた。

父親が死んだときに初めてあったおじいちゃんたちが
ふみちゃん(ウチの母親)がのぶちゃん(父親)といっしょになるなんて
まったく思わなかったよと、どうもウチ母親はスポーツウーマンで男子達のマドンナだったみたいだ。父親は呑んだくれのどうしようもないチンピラだった。

僕は父親が嫌いだったが母はどうしょうもない父親の愚痴ひとつ言ったことがない。

「この世界の片隅に」の主人公すずのように「この世界の片隅に」わたしを見つけてくれてありがとう。って思っていたのかもしれない。

だから
戦争なんかでちっぽけな市井の暮らしを奪わないでくれ。

政治のゲームで弄ばないでくれ。


近所の犬が叫んでる。










">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

タイに行ってきたのだ!の巻(2017・2・13~2・21)

タイ北部チェンマイ県チャンダオにて行われるシャンバラ祭りにデリシャスウィートスとして参加。たくさんのいろんな国の人たちの中スンゴーク盛り上がりました。
楽しさを共有するって素晴らしいなぁー。

そんでライブが終わりチャンダオからチェンマイの街へ移動。
5日ぐらいは滞在したかな。
朝の市場・モーン族の店・ナイトマーケット・活気があって人間らしい生活に気持ちが昂るのです。
チェンマイは王様が住んでた首都の周りにお堀があり(かつては城壁に囲まれてた)そのお堀の中の街はとても栄えているのだけれどわたくしお堀の外が散歩したくなり朝の8時から夜の8時まで12時間お散歩おば。ピースフルなチェンマイは安全なのでありました。
で、散歩中見た光景は日本の昭和40年代の郊外の光景。
暑い夏休み、洗濯する母親と休日の時間を持て余し植木に水をやる父親。
あくびする猫、わたしの顔を覗き込む犬。
既視感。
そして少し汚れた食堂でお昼ご飯を食べたんだけど店主の親父さん無口・不愛想。
「サワディクラップ」とあいさつしても「・・・」ところがここのご飯無茶苦茶美味しかったのだ!そして店をでて忘れ物に気付きあわてて戻るとテーブルの上に綺麗に置いてあったのです。「コップクンクラップ・ありがとう」親父さん「・・・」
間違いなくこの人はやさしい。
その後もタイ満喫。
タイ・チェンマイは凄くいいところでした。

Cimg1137


Cimg0904
Cimg0962


Cimg0937


Cimg1033


Cimg1238


Cimg1269


Cimg1299


Cimg1345

Cimg1317


Image21021710466


Image21021710162


Image2102171048


Cimg1362

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 4日 (火)

2016.10月4日(火曜日)晴れ

映画の日にさて何を見ようか?君の名は、ビートルズのドキュメンタリーか
と迷った挙句に渋谷アップリンクでやっているAMYに決めたのだ。
2011年に27歳で急逝したイギリスのシンガー、エイミー・ワインハウスの
ドキュメンタリー映画。
最近の音楽を聴かなくなって久しいのだけどこんなカッコイイ人がいたのかと
ビックラこきました。
生きるテクニックがまるでないダメな与太娘。
だからこそ不器用で傷だらけの魂が唄になり心に響くのだなぁ。

素晴らしい映画だったのだ。

映画館出るときに気付いたんだけどアップリンク毎週水曜日は1,000円なのですって。
映画の日は別の観りゃよかったのか・・・。


<私を知れば世間は理解するはずよ私は音楽しか能のない人間だって
だから放っといて音楽をするから音楽をする時間が必要なの>
                                 エイミーワインハウス

">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 2日 (金)

2016.9月3日(金)晴れのち曇りのち雨

夏は短い。
短いよー。

シン・ゴジラを観てきたのだ。

侵略に対する日本とゆう物語で自民党プロパガンダ映画なんて言う人もいたので前情報を入れずに観たのだ。

これがすんごく面白かったのだ。
政府や自衛隊の描き方の緻密さ
ゴジラの恐ろしさ(無機質な表情は悲しく見える)

1作目からゴジラ音楽を作った伊福部昭氏の音楽をそのまま使用とゆうリスペクトもみられ
どこをとってもいい映画でした。

「スクラップ&ビルド、日本はそうやって立ちあがってきた」みたいなセリフがあった。

3・11以降の日本に対する
思い。メッセージを感じる映画でした◎

http://www.shin-godzilla.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

2016.・7・25曇り

風邪なんざ何年もひいてないっつうのに
気温が不安定なのでやられちまったのだ。
熱と咳であまりにも苦しいので風邪が治れば死んでもいいので強い薬を下さいと
薬屋さんに懇願し飛び切りの薬を処方してもらう。
車は運転しないでくださいねとネンを押され早速3錠ほど飲む。
イイ感じで頭がボンヤリとする。
ポケモンGOをやってるのかスマホを見ながらゆらゆら歩いているスマホゾンビ達にまじり
ゆらゆらと歩きレンタルビデオ屋さんへいやレンタルDVD屋さんへ(なんかしっくりこないな)

さて何を見ようかと迷っていたところ「海街ダイアリー」が目に留まる。
たしか面白いって誰かが言ってたなと思いだし借りたのだった。

で、これが面白かったのだ。
三姉妹と腹違いの妹の静かな物語
それぞれの想いが切なく交差する物語
健気だよー。
で美人姉妹っつうのがいいね(そうゆう映画だからね)
映画の中で作ってる梅酒が美味そうで観た後痛飲。

同時に借りたニューロティカのあっちゃんを追ったドキュメンタリー「あっちゃん」が
面白すぎて三回観てしまったのだ。

">

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金)

2016・2・5 晴れ

今日は何とも春のような陽気。
気持ちがいいのだ。

ここ数日元野球選手の清原が覚醒剤でタイホされたニュースをひっきりなしにやっている。
タイホされたときの怖い顔した静止画が画面に映し出される。
反社会的な人なのだろうとゆうことが印象付けられる。

わたしは清原が好きだ。
やんちゃな感じが好きだ
後輩の面倒みが良さそうなところが好きだ(事実は知らないのでたぶん)
1987年の日本シリーズで泣いたところが好きだ。

桑田が清原についてコメントしてた
わたしは桑田が嫌いだ。

早稲田に入学すると言っといて巨人と密約って、
立ち回りがうまくずるい桑田が嫌いだ。

テレビを見ててそう思っただけなのだ。


キングオブコメディも面白いから好きなのだ。

Image22121519571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

2016.1.2 土曜日・晴れ

12272779_488471994665683_170962162_


あっという間に一年が終わってあっという間に一年が始まったのだ!
今年もよろしくってことで。

Image


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月31日 (月)

2015・8・31(月曜日)曇り

夏が終わったよー。
あっという間だよー。
六月の札幌中島公園での見世物小屋から夏が始まったのだ。
変に忙しくてどこにも行けなかったのだ。
大寅さんに招待していただいたジンギスカン最高においしかったのだ!
長野ハッピーファーム2015。自分たちの幸せや自由を体現してる人たちの集まりだった。翌日、尻黒温泉でみんなお尻を黒くして温泉に入った。
偶然温泉で一緒になった人がデリシャ観て感動で泣いたって言ってた。
そして渚ようこさんのバンドとしてclubQueと寿町フリーコンサート。
寿町がカオスになってた。始まる前に主催関係者の人と話したらここ数年あまりにも盛り上がる出演者は安全面を考慮して呼んでないとのこと。
建物取り壊しのためとりあえず最後になる今年は渚ようこと渋さ知らずオーケストラとゆう強烈な布陣。地面と空がみんなのエネルギーで揺れてた。

ってことで夏はいいなぁー。


Image23081520093

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

2015.5.10

友人の踊り子鏡乃有栖嬢が暫くステージを休まれるとゆうことなので
本日新宿TSミュージックに朝から入り浸る。
デリシャベース担当のエルミとエルミの友達のウクライナ人アントンとほんの最初だけアントンがバーでナンパした女性もいらした。

人と比べるのはいかがなものかと思うのですが鏡乃有栖嬢はほかの出演者とは全く違うのです。雰囲気、匂い、世界観。...
一回目のステージで全然笑顔を作らず踊り、最後の曲がサッチモのワンダフルワールドだったのには完全に泣きそうになった。
ワンダフルワールドって何なんだよう。

そのあとしばしクソ男ども三人で呑み。

二回目のステージ。
鏡乃有栖嬢から貰ったカードに
山崎ハコさんが手紙くれて興奮したって書いてあった。

曲は山崎ハコさんの織江の唄が使われてた。

うちらクソ男三人と鏡乃有栖嬢とまたねって手を振って別れたのだ。

カッコよかったぜ鏡乃有栖ちゃん!!

大好きだぜ鏡乃有栖ちゃん。

そしてクソみたいな
Wonderful Worldとゆうホッピーをおかわり。おかわり。おかわり。

150510_163100


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月30日 (金)

2015・1月30日(雪)

腹が減れば飯を食う飯を食えばクソをするクソをすれば腹が減る
腹が減れば飯を食う飯を食えばクソをするクソをすれば腹が減る
腹が減れば・・・・・・・・・・・・これはいしいひさいち氏の漫画のネタであったか。
立川談志師匠は<人生暇つぶし>と仰ってましたが
その様な達観の境地に至るなどできるはずもなく
物事に向き合っては悩み、場合によっては落ち込み悲しむ。
だけど腹が減るので飯を食う飯を食うとクソが出る。
 わたしのような無能な人間は一生懸命真面目に働き少々相貌に問題があっても
健康な嫁をもらい、子をもうけ、どうせ私の子供など屑に決まりで成長したならばありもしない金を無心されそれでも人の幸せというものは・・・ああクソが出る。クソをすれば腹が減る腹が減ると飯を食う。
 迷路(?)が面白すぎて中ほどまで来たが振り向いたら帰り道が分からない。いやない。
さてさてどうしたものかと最近やたら資格ばっかり取ってたら気が付けば資格マニアになっただけじゃないのか。まぁ持ってて腐るものでもないしなんて考えてみるが掛った費用が頭をよぎりいっそ腐ってしまえ!と一人ヤケクソになる。そして腹がへったー!
飯を食ってクソをする。

今日は東京雪が降っている。
窓から雪を観ながら板わさで熱燗をチビリ。
まぁいっか。

150102_151735

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«12月6日土曜日(晴れのち曇り)